ぱっちん&細ピン

台座つきぱっちんピン。3cm、4cm、5cmとあります。台座部分にグルーを落とし、リボンやパーツを圧着します。シルバータイプ、コーティングタイプやラメ入りなどバリエーションもカラーも豊富にそろいます。
シルバーぱっちん。2cm、3cm、4cm、5cmがあります。ぱっちんカバーには5cmを使います。カバーの裏に切り込みを入れてピンを差込み、出ている部分をグルーで留め。カバーは三角タイプはカラ−や柄が豊富にあります。デニムタイプは三角(3cm、4cmもあり)のほかにオーバル形(楕円)やスクエア形もあります。
カバーを使わずシルバーのぱっちんに5mmリボンくるくる巻きつける方法もあります→
細ピン。5cmサイズのみです。コーティングタイプやラメ入りなどバリエーションもカラーも豊富にそろいます。画像のタイプの他にアンティーク風のピンやカーブのついたタイプもあります。

ピンの種類

ピンいろいろ

カバーの使い方

カバーは二重になっていますので裏に切り込みをいれてぱっちんを差し込みます。ぱっちんの出ている頭部分とカバーの間にグルーを落として貼り付け出来上がり。三角、楕円、スクエアいすれも同じ方法でぱっちんを差し込みます。

カバーの一面にビーズやスパンコールをつけてもゴージャスできれいです。ビーズなど縫い付ける場合は
ぱっちんを差し込まないタイプの三角形の中抜き型が良いです。ビーズはグルーで貼っても簡単に製作できます。(ビーズ類の貼り方はギャラリーでご説明しています)

Index

Next

Coryright(c)2007 Ra La All Rights Reserved