半球♪
リボン→

半球の中にゴムを通して結んで端の余分なゴムはカットします。ゴムが通りにくい時は、1本をひっぱって細くしたところにもう1本を通します。グルーの先端をなるべく奥にいれてグルーを半球の中に充填します。生クリームをしぼりだすような要領で、隙間ができないようにしてください。素早くモチーフを貼り付けて出来上がり♪クリアな半球でもかまいませんが、なるべくゴム、モチーフの色とあわせた方がおしゃれですね。リボンのヘアゴムの場合も同じ方法です。
花カップ
        
 花カップにゴムを通し、2対で作るときは長さが同じになるように結びます。次にカ
ップにグルーを隙間なく入れて、花びらの部分にもちょんちょんとグルーをのせて、すばやくプラ飾りを付けます。半球でも大丈夫ですが、大き目のプラ飾りやりぼんには花カップの方が安定感があります。花カップは応用例のように飾りとして使ってもかわいいです♪
お気に入りの造花やコサージュに花カップでゴムをつけると花のゴムも作れます。
スチールゴムキャプチャー♪
←専用機械(業務用)   

ゴムの端と端を両面テープでくっつけ、キャプチャーの中にゴムをいれる→キャプチャーの凹みにゴムを入れ、機械の凹みにはめる→機械のレバーを押す→プロ仕上がりのヘアゴムに。 無地ゴム、無地細ゴム、光沢細ゴム、ラメゴムいずれのゴムも2本で使用可能。極太ゴムも1本(輪)で可能。
(専用機械は在庫限り。完売後はお取り寄せのみの予約販売になります)

ゴムと飾りのつなげ方

Index
Next
その他の接続方法

 プラゴムキャプチャー    仕上げフエルト          リボン

左:プラゴムキャプチャー:太いゴムを輪にする部品。飾りの土台も兼ねます。
中央:仕上げフエルト 半球や花カップと同じ役割。幼児におすすめのソフトな仕上がり。髪にリボンがフィットする利点もあります。
右:半球等を使わずに、ゴムを結んで、結び目に1リボンを巻いて隠す方法もあります。
Copyright(c)2007 Ra La All Rights Reserved.