約12cmにカットしたリボンを両面テープで輪にしてから、真ん中にカット位置がくるように貼り付けます。中央で谷折してから山折を2つ作って糸かワイヤーで縛ります。真ん中の糸のところを5mmの細いリボンで巻いて隠すと出来上がり。2つ合わせてから5mmリボンで巻くと約6cm四方のリボンができます。あとは飾りの細いリボンとパーツ飾りそしてゴムをつけるだけ。糸を使うときはキルト用の丈夫な木綿糸がお勧め。
             
25mmリボンに15mm〜20mmのリボンを二重にしてもかわいいです。これはぱっちん用の小さめリボンです。  

リボンの形に折らないでクロスさせるだけの土台もあります。
最近の主流、1本のリボンでダブルリボンを作る方法もあります。

画像の順にリボンの形にして、余分なリボンをカットします。中央でたたんでワイヤーでとめれば出来上がり。表情のあるかわいいリボンになります。

リボンの基本

土台リボンの作り方

仕上げ(飾り)リボン

土台リボンに飾る細い仕上げリボンです。

ダブルにしてもかわいいです。

リボンデザインいろいろ

土台リボンの大きさのバランスを変えれば蝶々のような形になったり、フリルゴムをリボンの端につければ豪華に、仕上げリボンも小さいもの、たれる部分の長いものなどデザインによって同じリボンでも表情がかわります。

Coryright(c)2007 Ra La All Rights Reserved

Index

Next